シックスパッドを使えば筋肉痛にならないって本当なのか!?

トレーニング=筋肉痛

 

むしろトレーニングしたら筋肉痛って、
当たり前じゃないか。
という意見が大半だと思います。

 

トレーニングが好きな人なら、
筋肉痛が起きにくかったりしますが、
久々に運動をすると高確率で、
筋肉痛に悩まされます。

 

そして運動をしたくなくなるのです。
でもそれでは痩せませんし、
筋肉は一度は大きくなりますが、
すぐに落ちてしまいます。

 

今から筋肉痛になりにくい、
シックスパッドを紹介します。

シックスパッドは筋肉痛にならずにトレーニングができるの?

一般的な筋トレだと、
ほぼ必ずと言っていいほど見舞われるのが、
「筋肉痛」です。

 

普段動かしていない筋肉を、
急にいきなり動かすと、
その翌日には筋肉が壊れ、
痛みが生まれます。

 

壊れたところから再生することで、
強くなり肥大化していきますので、
正常なのですが、それでも脚や腕に、
筋肉痛が来るととてもつらいと思います。

 

そこで、シックスパッドを使えば、
初めての利用の際に、
多少の痛みが出る可能性はあるものの、
基本的にはほとんど筋肉痛にならず、
トレーニングができます。

筋肉をつけて痩せるというシックスパッド

前述したように、
筋肉は壊れてから再生することで、
大きくなっていきます。

 

しかし、シックスパッドは、
筋肉を壊すためのものではなく、
筋肉の量を増やすことを重点に置いて、
開発されているため、
筋肉痛が起きにくいということが、
特徴です。

 

筋肉の量が増えるだけで、
基礎代謝は十分に上がり、
太りにくい体質になっていきます。

シックスパッドで体脂肪が減る?

筋肉の量を増やすということは、
結果的に体脂肪を減らす
ということでもあります。

 

シックスパッドを使うと筋肉への痛み、
負荷よりも汗をかく量が増えます。
つまり、
有酸素運動のように脂肪が燃えていき、
筋肉へと変化するのです。

 

エステなどで寝ながら汗をかくのと似ていますが、
エステでは毎回高額な費用が必要になりますが、
シックスパッドでは消耗品のジェルシートと、
電池代のみで何度もできるのでとてもおすすめです。

シックスパッドのやりすぎは厳禁?

貼るだけで済みますが、
実は利用は1日に1回に限定されています。

 

1日に何回も、
長時間貼り続けると筋肉痛になり、
非常に強い負荷となりますので、
できるだけ1日1回、
時間を守って使うようにしてください。

 

また、内臓脂肪が薄く、
痩せている人が筋肉をつけるために使うと、
一般的な人よりも刺激が強く、
すぐに筋肉痛になる可能性がありますので、
注意してください。

シックスパッドでいきなり強い強さにしないのがコツ

シックスパッドは、
強さを15段階まで選べるので、
痩せている人太っている方でも、
十分使用することは可能です。

 

初めて利用するのであれば、
レベル5~7程度から始めるのが、
ベストかもしれません。

 

これも個人差がありますので、
いきなり強くするより、
長期的に継続して使う方が、
効果が高いです。

コメントを残す