ダイエットするなら太ももを鍛えた方が良いって本当!?

ダイエットをするなら、
一番鍛えたい筋肉が、
太ももの筋肉なんです。

 

えっ!?筋肉つけたら、
足が太くなっちゃうよ!
と考える方もいるはず。

 

しかし、つけなければ、
リバウンドしたり、
結局脂肪が増える原因になります。

 

そのことについて、
詳しくお伝えします。

太ももは人体の筋肉の中で一番大きい?

両足のふとももの筋肉は、
実は人の体にある筋肉の中で、
最も大きな筋肉とされています。

 

鍛えるのが難しく、
一番大量にエネルギーを消費する部分です。

 

例えばスクワットは、
太ももを鍛える代表的な鍛え方ですが、
本格的に引き締めるのであれば、
ジムに通うか、何らかの器具を、
取り入れなければまず無理です。

 

どちらも費用が掛かり、
非常に面倒な部分になります。

太ももはダイエットでは引き締められない?

誤解されがちなのが、
太ももをダイエットで引き締めようとする、
というものです。

 

太ももに多いのは、
脂肪ではなく、筋肉ですので、
ダイエットをしても筋肉が落ちてしまい、
比率でいえば脂肪の方が、
多くなることが良くあります。

 

ですので、筋肉量を増やして、
脂肪の燃焼量を増やすことが大切なのですが、
前述したように筋肉を増やすのは、
かなりの労力が必要になります。

そこで太ももの筋肉を筋トレせず簡単につける方法とは?

筋肉には2種類があり、
速筋と遅筋に分かれます。
速筋は簡単に言えば表にある筋肉で、
目に見えて発達して、筋肉の形、
大きさを構成する部分のことです。

 

腹筋と同じく、太ももの筋肉も、
引き締めるためには、
この速筋を鍛えるのがカギということです。

 

そこで、EMS機器で有名な、
シックスパッドが便利です。
シックスパッドの低周波の電流が、
速筋に効果的に刺激を与え、
より効率よく鍛えられるのです。

 

しかも、電流で済みますので、
激しいトレーニングやきつい負荷は不要で、
身に着けるだけで鍛えられていきます。

シックスパッドは腹筋専用じゃないの?

シックスパッドには、
腹筋専用のアブズフィットと、
腹筋以外の太もも、二の腕などに使える、
ボディフィットの二種類があります。

 

太ももを引き締めたいのであれば、
ボディフィットを使います。

 

使用回数は1日に1回23分間で、
太ももに張り付けるだけで、
効果的に鍛えられていきます。

 

たった23分の間で、
ウォーミングアップからクールダウンまで
すべて自動で行ってくれるので、
とっても簡単にトレーニングができます。

本音を語る!EMSのシックスパッドって何が良いの?

EMS機器のシックスパッドは、
とても有名ですが、
購入前は、何がどう良いの?
って思う方もいると思います。

 

EMS機器だけで、
ピンからキリまであります。
中には効果が無いものもあり、
安いものが良いとは言えません。

 

本日はシックスパッドの魅力を、
伝えていきたいと思います。

 

購入時の判断材料として下さい。

低周波20Hzを使用するシックスパッド

現在、
いわゆるEMS機器というのは、
あらゆる会社から発売されています。

 

シックスパッドは、
そのEMS機器の中でも特に、
最高レベルの技術、
安全性を誇る製品です。

 

シックスパッドは、
低周波のEMS機器でありながら、
筋肉をしっかりと動かし、鍛えられ、
とても効率が良いのが特徴です。

 

シックスパッドは、
一番筋肉に効くと言われている、
20Hzの低周波を使っています。

 

しかしその低周波は、
「痛み」というデメリットを、
抱えていますが、独自の波形にすることで、
見事に極限まで抑え込んだのが、
シックスパッドです。

 

もう1つ有名なスレンダートーンは、
周波数が違うんですよ!
これがシックスパッドを、
オススメする理由です。

トップアスリートから生みだされたシックスパッド

シックスパッドのCMには、
レアルマドリードに在籍するロナウドが起用されており、
日本を含んだ世界中でCMが放送されています。

 

それは単にロナウドの知名度を利用したのではなく、
1日1回、23分という使用時間を、
取り入れているのがロナウドであるためです。

 

23分の中にウォーミングアップ、
クールダウンが含まれているという、
ロナウド考案の理論を、
シックスパッドに落とし込んだのです。

 

メーカーが編み出した20Hzの波形と、
ロナウドのトレーニング理論を組み合わせたことで、
唯一無二のEMS機器へとなったということです。

シックスパッドは使用も簡単で何時でも使える!

シックスパッドは電池式で、
非常に軽量にできており、
とても簡単に使用できます。

 

パッドの部分には、
電気を十分に通すためのジェルシートを張り、
使い続けて汚れが目立つようになったら交換する、
消耗品になっています。

 

電池は単3などではなくボタン電池ですので、
とても軽量な上に操作は、
電池付近のスイッチをワンタッチで作動します。
服の下につけても全く目立ちません。

 

またどこでも使えるので、
家事中など、ながら作業での使用ができます。

シックスパッドは腹筋専用だけ?

ロナウドがCMでつけているのが、
腹筋専用のシックスパッド、
アブスフィットです。

 

6パックを作れるよう、
6つの電極に分かれており、
1つ1つをしっかりと刺激するように、
作られています。

 

それに対し、腹筋以外に使えるのが、
ボディフィットです。

 

ウエストや腕、脚などに使用でき、
それらの部分のたるみなどに、
悩んでいるのであれば、
そちらの利用もできて効果的ですので、
腹筋用を購入する際は、
一緒に検討してみてください。

シックスパッドの最も効果が高い使用方法とは?

シックスパッドって効果があるのかな?
私は効果が出てる気がしない
等悩んでいる人は、
いるのではないですか?

 

シックスパッドは、
かなり優秀な機械ですが、
効きにくい方、
効果の出かたに差はあります。

 

また効果の出やすい方法もありますので、
自分はどうなのか考えながら、
見ていただければと思います。

シックスパッドを使っても効果が出ないタイプがいる?

貼るだけで腹筋が鍛えられ、
お腹周りがすっきりするシックスパッドですが、
それでも効果があまり実感できない
という方は若干ですがいます。

 

それはやはり、おなか周りにある脂肪、
内臓脂肪や皮下脂肪の量にあります。
脂肪が多いとその分、
どうしても効果が出にくく、
実感するまで時間がかかりやすくなります。

 

数か月ほど、
時間をかけて継続して利用してみると、
効果が出てきますので、
継続的に使いましょう。

逆にシックスパッドで効果が実感しにくい使用方法とは?

効果を出すためには、
何よりも継続することが大切です。

 

たまに、気になったときや、
食べすぎた時などに、
適当に運動する感じでやるだけでは、
効果はほとんどありません。

 

途中で諦めたり、
面倒くさがったりせずに、
毎日継続して利用してみてください。

 

前述した脂肪のことなど、
個人差はありますが、
およそ1か月は毎日使ってみてください。

 

貼るだけで充分ですので、
是非とも毎日使い続けましょう。

シックスパッドのベストの利用回数は何回?

基本的に、シックスパッドの利用回数は、
1つの箇所に1日1回の利用がベストです。
1回の時間はシックスパッドが、
自動的に終了する23分間です。

 

それ以上使うと筋肉痛を引き起こしたり、
何らかのトラブルが起きる可能性があります。

 

シックスパッドは、
ジェルシートを消費して利用しますので、
多くやるということは、
余分に消耗させることにもつながり、
経済的にもお勧めできません。

トレーニング初心者のシックスパッドの強度は?

シックスパッドは、
レベルを15段階に設定できますが、
最初であれば、
無理にレベルを上げる必要はありません。

 

使っているうちに刺激が弱い、
負荷が少ないと感じ始めたら、
レベルを上げていきましょう。

 

筋トレでいきなり重たいものを持とうとせず、
ある程度できてからやるのと同じです。
筋肉が締め付けられている強さ、
かかっている力の強弱で判断するのがベストです。

 

低負荷から始めましょう。

シックスパッドの効果が高い最適な方法とは?

シックスパッドを使うときのコツとしては、
動きに合わせて意識的に、
腹式呼吸をするというものです。

 

いわゆるトローイングというもので、
筋トレ時に呼吸を意識するようなものです。

 

貼っている最中、
できるだけ忘れずに呼吸も意識してみると、
より良い負荷がかかります。

 

それだけって思うかもしれませんが、
一度やってみて下さい。
効果は上がるはずです。

シックスパッドを使えば筋肉痛にならないって本当なのか!?

トレーニング=筋肉痛

 

むしろトレーニングしたら筋肉痛って、
当たり前じゃないか。
という意見が大半だと思います。

 

トレーニングが好きな人なら、
筋肉痛が起きにくかったりしますが、
久々に運動をすると高確率で、
筋肉痛に悩まされます。

 

そして運動をしたくなくなるのです。
でもそれでは痩せませんし、
筋肉は一度は大きくなりますが、
すぐに落ちてしまいます。

 

今から筋肉痛になりにくい、
シックスパッドを紹介します。

シックスパッドは筋肉痛にならずにトレーニングができるの?

一般的な筋トレだと、
ほぼ必ずと言っていいほど見舞われるのが、
「筋肉痛」です。

 

普段動かしていない筋肉を、
急にいきなり動かすと、
その翌日には筋肉が壊れ、
痛みが生まれます。

 

壊れたところから再生することで、
強くなり肥大化していきますので、
正常なのですが、それでも脚や腕に、
筋肉痛が来るととてもつらいと思います。

 

そこで、シックスパッドを使えば、
初めての利用の際に、
多少の痛みが出る可能性はあるものの、
基本的にはほとんど筋肉痛にならず、
トレーニングができます。

筋肉をつけて痩せるというシックスパッド

前述したように、
筋肉は壊れてから再生することで、
大きくなっていきます。

 

しかし、シックスパッドは、
筋肉を壊すためのものではなく、
筋肉の量を増やすことを重点に置いて、
開発されているため、
筋肉痛が起きにくいということが、
特徴です。

 

筋肉の量が増えるだけで、
基礎代謝は十分に上がり、
太りにくい体質になっていきます。

シックスパッドで体脂肪が減る?

筋肉の量を増やすということは、
結果的に体脂肪を減らす
ということでもあります。

 

シックスパッドを使うと筋肉への痛み、
負荷よりも汗をかく量が増えます。
つまり、
有酸素運動のように脂肪が燃えていき、
筋肉へと変化するのです。

 

エステなどで寝ながら汗をかくのと似ていますが、
エステでは毎回高額な費用が必要になりますが、
シックスパッドでは消耗品のジェルシートと、
電池代のみで何度もできるのでとてもおすすめです。

シックスパッドのやりすぎは厳禁?

貼るだけで済みますが、
実は利用は1日に1回に限定されています。

 

1日に何回も、
長時間貼り続けると筋肉痛になり、
非常に強い負荷となりますので、
できるだけ1日1回、
時間を守って使うようにしてください。

 

また、内臓脂肪が薄く、
痩せている人が筋肉をつけるために使うと、
一般的な人よりも刺激が強く、
すぐに筋肉痛になる可能性がありますので、
注意してください。

シックスパッドでいきなり強い強さにしないのがコツ

シックスパッドは、
強さを15段階まで選べるので、
痩せている人太っている方でも、
十分使用することは可能です。

 

初めて利用するのであれば、
レベル5~7程度から始めるのが、
ベストかもしれません。

 

これも個人差がありますので、
いきなり強くするより、
長期的に継続して使う方が、
効果が高いです。

メタボ体系におすすめ!迷う方にシックスパッドの割引購入方法を解説

シックスパッドは、
知らない人がいないほど、
有名な商品になりました。

 

しかも発売当初から、
値段が高いということで、
敬遠されてきた方も多いと思います。

 

唯一割引を受ける方法や、
シックスパッドのメイン機種について、
触れていきたいと思います。

シックスパッドと言えば腹筋運動のアブズフィット?

シックスパッドのアブズフィットは、
腹筋に効果的なアイテムです。

 

体を動かさずとも、
腹筋に張り付けるだけで、
腹筋トレーニングができるというものです。

 

価格は税込みで25000円を超えるほどで、
若干高めですが、
非常に気軽に腹筋が鍛えられるため、
高い人気を集めています。

シックスパッドのボディフィットって何?

アブズフィットに対して、
ボディフィットというものもあります。

 

ボディフィットとは、
パッドが二つになっているもので、
わき腹につけてウエストの引き締め、
腕や足に引き締めてたるみの解消などに、
役立つ製品です。

 

ウエスト回りなら一つで十分ですが、
左右同時にトレーニングするのが、
分かりやすいですので、
腕や足に使うのであれば、
二つ購入するのがおすすめです。

 

価格は税込みで19224円と、
アブズフィットより安価に購入できます。

 

一緒に使えば、
かなりのトレーニング効果が得られます。

シックスパッド購入で唯一割引を受けられる方法とは?

シックスパッドは、
ボディフィットとアブズフィットを、
セットで購入するのが一番お得です。

 

公式サイトにはセット価格が設定されており、
およそ7%の割引がされます。

 

割引を受けられるのは、
公式ページからの購入で、
このセット割だけなんです。

 

どちらの使用も個人差がありますので、
一概には言えませんが、
本格的に腹筋を引き締め、
腕や足をすっきりさせたいのであれば、
安く買えるセットでの購入も検討してみてください。

メタボ体形には効かないという都市伝説?

アブズフィットは、
腹筋に直接働きかけますので、
メタボ体系の解消に非常に効果的です。

 

電極と筋肉の間に内臓脂肪があると、
効果が悪くなるイメージがありますが、
電流はきちんと筋肉へ届き、動かすので、
しっかりと効果が出ます。

 

太っている人は、
効かないと噂されていますが、
効きますので、継続的に
使用してみて下さい。

シックスパッドのセットアップ方法と注意点は?

シックスパッドはどちらも、
裏側の中心部分に電池を入れるところがあり、
電池式になっているのが特徴です。

 

電極それぞれにジェルを装着させて、
セットアップは完了です。

 

使用するまでの準備は以上で終了ですので、
毎日継続しやすくなっています。

 

ただし、ペースメーカーを使用しているとか、
妊婦さんなど、電気刺激を受けられない方には、
使用できませんので、注意してください。

ぽっこりお腹の解消にはシックスパッドが有効なのか?

ぽっこりお腹は中年の我々にとって、
かなり多くの方が持つ悩みなのではないか
と思います。

 

「ダイエットすれば良い」
と言われたりしますが、
そんな簡単には出来ません。

 

私もそう思っていました。
年々出てくるお腹を見ながら仕方ないと、
自分に言い聞かせていましたが、
もうそんな必要はありません。

 

シックスパッドを使えば、

  • 時間がない
  • 運動が辛い

という言い訳はできません。

 

そんなシックスパッドの良さを、
紹介します。

ぽっこりおなかにも効果的なシックスパッド

ぽっこりおなか、いわゆる「メタボ体形」に、
悩む方はたくさんいると思います。

 

ぽっこりおなかを解消するためには、
おなかの周りに筋肉をつけることに限ります。

 

おなかの周りに筋肉をつければ、
自然と引き締まったおなかになるということです。

 

そこでシックスパッドを貼れば、
電気刺激で筋肉が動きますので、
とても簡単に継続していけます。

 

簡単に短時間なので継続できるということが、
シックスパッドの良さです。

メタボ基準に引っかからないためにシックスパッド

メタボの診断基準は、
2005年に策定されました。

 

ウエストを測り、
どれだけ内臓脂肪が蓄積されているかを、
図る目安にするのです。

 

これは簡単に言えば、
ウエスト回りを測られることで、
メタボかどうかを診断されるということです。

 

基準に引っかからないように、
引き締めるためにシックスパッドを使うのは、
とても有効的と言えます。

シックスパッドは年齢を選ばない効果の高いアイテム?

アブズフィットは、
シックスパッドの中でも特に、
メディアや広告などでみられる主力アイテムです。

 

サッカー選手のロナウドがCMで装着している、
シックスパッドのことです。

 

とてもおしゃれな感じで、
若者向けに見られるかもしれませんが、
おなか周りを鍛えたい人の大半には、
使用できるものです。

 

実際、30代や40代の利用者は、
非常に多くなっています。

 

年齢を重ねると、
運動の機会が減る上に太りやすくなり、
健康的な体重を維持するのが難しくなります。

 

シックスパッドはそんな方にこそ、
有効なものになっています。

中高年の方にこそおすすめ?シックスパッドの効果とは?

30代を過ぎると、
それまでとは比べ物にならないほど太りやすく、
体重が落ちにくくなります。

 

それは代謝が大きく低下するためです。
当然、40代になるとさらに減っていきます。

 

基礎代謝が低くなると、
燃える脂肪の量が減りますので、
その分脂肪が体内にとどまるようになります。

 

つまり、今までの生活リズム、
運動量では脂肪が燃えなくなり、
より多い運動量か、
少ない食事が必要になるのです。

 

そこで筋肉をつけて、
基礎代謝を増やして行く必要が、
あるということです。

 

しかし時間が無いという方に、
シックスパッドが良いんです。

EMSという筋肉をつけるメカニズムとは?

シックスパッドは、
EMS理論という電気刺激を起こす、
体のメカニズムを活用するものです。

 

シックスパッドのようなEMS製品は、
通常の筋トレやトレーニングに比べると、
速筋を重点的に刺激するという特徴があります。

 

これにより、1日1回の短時間でも、
効果が出やすくなっています。

 

これをやるかやらないかで、
体型にかなりの変化があります。

 

ぽっこりお腹解消を目指している方、
体型を維持したい方にもオススメです。

シックスパッドはダイエットには効果はない!?

シックスパッドは、
筋肉をつけるために開発されています。
そんな筋肉をつけるという行為が、
結果的にダイエットにつながるんです。

 

筋肉をつけると基礎代謝があがるので、
すぐにダイエット効果が無くとも、
少しずつ痩せていく体になります。

 

またリバウンドが起きにくいため、
シックスパッドを使ったダイエットは、
有効かと考えられます。

 

シックスパッドを使用してダイエットしよう
と考えている方に読んでいただきたい内容に、
なっています。

 

シックスパッドを使えない方もいますので、
注意して下さいね!

シックスパッドは手軽にぽっこりお腹を解消できる?

シックスパッドの口コミに、
一番といっていいほど多いのが、
「気軽に利用できる」というものです。

 

様々な年代の方が利用できますが、
やはりお腹に貼るだけで、
ぽっこりお腹が解消するというのは、
ほかにないメリットになります。

 

気軽に使えるということは、
継続的に利用することができる、
ということでもあり、
効果が出やすいことの裏付けなのです。

 

もちろん、体型によっては、
効果の具合に個人差がありますので、
注意してください。

ぽっこりお腹の原因は食べ過ぎ飲みすぎ?それとも筋肉の衰え?

ぽっこりとおなかが出る原因は、
筋肉の衰えにあります。

 

一般的にプリン体の取りすぎや、
ビールの飲みすぎなどといわれていましたが、
内臓を保持する筋力が落ち、
内臓が下へと下がることでぽっこりと出る、
ということなのです。

 

そこで姿勢を正して、
筋肉をつけていくことで、
内臓が正しい位置へと戻り、
ぽっこりお腹が解消されるのです。

毎日使えば必ず効果あり?シックスパッドの効果は?

シックスパッドは、
貼るだけでダイエット効果が期待できます。

 

貼ることさえ毎日すれば、
毎日筋トレをしていることと同義になり、
毎日欠かさず鍛えられて行きます。

 

運動がつらいダイエットから、
一気に解放されます。

 

痛みはなく、家事など他の事も、
やりながら使用できるので、
どんなダイエットより継続しやすいです。

 

毎日使えさえすれば、
必ず効果が表れます!

シックスパッドの価格は?EMSだけではないって本当?

貼るだけでダイエット効果が、
期待できるシックスパッドですが、
EMS(本体)は2種類、
EMSではないものもあります。

 

価格も物によって全然違います。

 

シックスパッド(MTG社)が、
出しているサプリメントも含めると、
かなりのアイテムが販売されています。

 

シックスパッドの価格は、
セット内容によって割引があり、
使用目的などによって、
最適なものが変わりますので、
チェックしてみてください。

シックスパッド(EMS)が使用できない方もいる?

シックスパッドは電気刺激を使いますので、
当然ペースメーカーや人工心肺などを、
使っている方は絶対に使用しないでください。

 

また、身体的に負荷がかかりますので、
妊娠中の女性なども使用しないでください。

 

そのほか、電気刺激に弱い方などは、
避けたほうが良いかと思います。

 

逆に言うと使えれば、
じゃんじゃん使うことで、
ダイエット効果がありますので、
他の食事制限と共に行えば、
減量間違いなしです。

シックスパッドのおすすめの使用方法を簡単に解説!

さぁシックスパッドを購入して、
張りきっているそこのあなた!

 

数カ月後が楽しみでしかたないですよね?

 

しっかりシックスパッドを継続し、
食べ過ぎにさえ注意していれば、
痩せますし、太りにくい体質になります。

 

使い方は、説明書を見れば分かりますが、
注意点や裏技的使用方法も、
お伝えできればと思います。

アブズフィットボディフィットの使い方は?

シックスパッドとは、
腹筋などの期になる部分に貼るだけで、
電気の力で自動で筋トレできるというものです。

 

同じ場所に1日1回、
使用時は汗をかいていない乾いた状態で、
ジェルシートを肌にしっかりと密着させて利用します。

 

腹筋に使うアブズフィットはろっ骨と骨盤の間、
へその真上に中央の電源が来る様にはります。

 

おなか周りに使うボディフィットは、
V字にウエストに挟み込むように利用します。

シックスパッドは男性のモノだけじゃない!女性におすすめの使用方法

女性だと、痩せたいと感じるポイントが、
おなか周りなど以外にもあると思います。

 

例えば二の腕や足があると思いますが、
それらに有効なのはボディフィットです。
ボディフィットはウエストのくびれを作るとか、
ヒップアップに効果的なものですが、
二の腕にも使用できます。

 

ただし、
ふくらはぎのむくみを解消したいという方は、
何らかの原因でむくんでいる可能性があるので、
まずはそれを解消するのが先決です。

 

胸筋以外は使えるので、
張れる範囲であれば、
部分痩せも可能です。

シックスパッド使用上の注意点とは?

シックスパッドはいわゆる低周波を使う機器です。

 

つまり肩こりに効きそうに思われますが、
実は肩こりの解消には使用できません。

 

また、心臓付近のトレーニングにもお勧めできません。
シックスパッドで大胸筋を鍛えることはできませんので、
注意してください。

 

使用すると強い痛みや、
心臓に何らかのダメージが出るかもしれませんので、
決して試さないでください。

シックスパッドを格安で裏技的に使い切る方法は?

シックスパッドは、
ほかの機器と比べるとかなり高額なのが特徴で、
欠点とも言えるポイントですが、
一番安いボディフィットを使いまくるというのも手です。

 

アブズフィットと比べると、
時間がかかるのが欠点ですが、
ボディフィットは、
一つでたくさんの箇所に使用できますので、
とても経済的に使用できます。

 

貼って使うという点では同じなため、
ほかのことをしながら使用できるという使用感も、
確認できるので非常に便利かと思います。